彼はいつも伝えなければならない内容を半分ほどしか語らない。
一緒に飲みに行って会も、会話の半分はこちらで推測しなければならない。
ただ、最初こそ大変だったが、すっかり慣れた今は普通に会話が成立する。
むしろ半分の時間で会話が済むから、話題のボリュームが二倍に感じる。