僕は風になりたかった。
君の背中に翼が生えた時に、君をどこへでも運べるように。
でも、僕が風になる前に、君は星になってしまった。
どこにも行かない代わりに、君はずっとそこで輝き続けるんだね。