不条理

あいつの作る作品は、いわゆる不条理系と呼ばれるジャンルが多い。
でもあいつの作品を見ていると、不条理の定義が分からなくなって来る。
確かに不条理だけど、設定も緻密でよくできているし伏線も上手い。
考えれば考えるほど、自分の頭の中が不条理になっていく気がする。

二つ名の二つ名

罰金

秘密のリサイクル

物々交換

フィルター

人の目のあるところ

母数の罠

不思議の国の心霊スポット

褒美過多

ボリューム

人出没注意

本人が満足なら

双子の争い

非独裁恐怖政治

非効率重視

本来の目的

服が見えない

ベストセラー日記

本当にあった怖いはなし

プリズンホテル

ブリとサバ

反省点

化かし合い

増えたもの

不安は安心

バレなきゃ

ペット

必死で一億貯めたのに

秘伝のタレ

変化の形

入ってはいけない場所

不釣り合い

本当はかかってる……?

本気のギャンブル

必然を装う

腹の虫

ビッグクランチ

犯人は

背反欲求

触れなくても

プロにならない理由

久々の外出

へいき

離れから離れられない

方向音痴

早めが良い

ヒーローは孤独

判断力の低下

避難しても

光を超えて届く声

日々の変化

一目で分かること

減る明日、増える昨日

ハングリーゴースト

へいこう

非常食

博識ゆえの

ベイカーベイカーパラドックスパラドックス

拾う神

百倍返し

本当はあったかもしれない

箱の中の男

フル装備

不在証明

僕の知る限り

晩秋

本物志向

負の利用目的

百二十階

本質

ハッタリ

不可視の負荷

プロデュース

他人事だから

本当はどっち?

人付き合い

掘り出し物

披露

不思議なことなど何もない

速さより重さ

暴力

僕じゃない

勉強

不死の弊害

仏のような人

復水盆に返る

フェイクニュース

独り

パスワード

飛行機の乗客

フィクションの裏側

ヘッドバンキング

本当に怖いまんじゅう

本当の地獄

服選び

変換

ベストタイミング

罰は平等

補習のために