彼にとって何かを創造することは破壊のためでしかない。
絶対に壊せないものを完膚なきまでに破壊するのが彼の一番の楽しみなのだ。
しかし絶対に壊せないものってのはそうそう市井に転がってるものではない。
だから彼は自分の破壊欲を満たすために創造を続ける。