パラパラ漫画

趣味と言えるほどかは分からないがよくパラパラ漫画を描く。
一枚隣の絵とはほとんど違いがないのに、気がつけば全然違う絵になる。
さながら伝言ゲームの最初と最後のような感覚だ。
それが何だか面白くて、つい筆を走らせてしまう。

箱の中の男

フル装備

不在証明

僕の知る限り

晩秋

本物志向

負の利用目的

百二十階

本質

ハッタリ

不可視の負荷

プロデュース

他人事だから

本当はどっち?

人付き合い

掘り出し物

披露

不思議なことなど何もない

速さより重さ

暴力

僕じゃない

勉強

不死の弊害

仏のような人

復水盆に返る

フェイクニュース

独り

パスワード

飛行機の乗客

フィクションの裏側

ヘッドバンキング

本当に怖いまんじゅう

本当の地獄

服選び

変換

ベストタイミング

罰は平等

補習のために

バランス

文庫落ち

普通の統治者

ホビーコスト

ハンデと見せかけて

はっぱをかける

不自由はしてない

HO☆SHI

骨があると

ハードメガネ

百点以外は

発掘作業

早いがゆえに

並行感覚

人目を気にして

バックアップアップ

非ドラマチック

百均

バランスの悪さ

フリから出た真

光を売る仕事

一人芝居

始まりが来ない

本当のディストピア

罰ゲームの重さ

百八十度

裸の価値

豚に真珠

初めての海外

法律が不要な世界

ペンは鎌よりも強し

翻訳の引き金

花を持たせる

欲しいもの

パターンに入っている

風化

反発の副産物

偏屈偏食

不幸体質

鳩が豆鉄砲を食らう

刃物のような

伏線癖

百万円分の幸せ

初めて空気を読んだ日

非効率

フォルダ分け

平和が一番

二人一組

恥ずかしがり屋

不安は等価

病欠も予定通り

忘却の羨望

広がっていく

平賀源内

冬バテ

肌身離さず

平和のツボ

人の話を聞かない

一人 < 協力

評価知らず

バージョンアップ

不自然な光