僕たちは一人で生きる術を徹底的に叩き込まれた。
だから僕たちは誰の手を借りずとも自分の力だけで生きて行ける。
それでも僕は彼女がいないと不完全だし、彼女も僕がいないと不完全だ。
一人で生きるだけなら、完全など必要ないってことだ。