灰になるまで燃え尽きた。
普通ならもう、これ以上役に立てることなどない。
でも幸いにも僕はまだあの人の役に立つことができた。
この灰でキレイな桜を咲かせてあの人を喜ばせるのだ。