誰が何を求めているか、何を欲しているか分かればこっちのもんだ。
あとはその望みを満たせるものを作ってあげるだけで良い。
だからまずは、これを作った。
相手が何を欲しているかを知ることができるこの装置が始めの一歩。