彼女は何でもお揃いなのが好きだった。
服やアクセサリーがお揃いなうちは僕もまだ微笑ましかった。
でも段々とエスカレートしていき、僕は恐怖に怯えた。
整形して見た目も僕と同じにしただけでなく、性別まで揃えたのだ。