手紙を書いたけど、正直読まれるのは恥ずかしい。
でもせっかく書いたのに届けないってのも違う気がする。
だから私は運を天に任せることにした。
もしこの手紙が読まれる運命なら、風があの人のところへ届けてくれる。