人形を背負っていると思っていた。
なぜ背負っているのかは勇気がなくて確かめられなかった。
でもふとした拍子にその理由を知って愕然とした。
人形を背負っていたわけではなくて、そっちが本体だったのだ。