喜びすぎず、落ち込みすぎず、あるがままを受け入れる。
それが一番、精神に負担がかからない方法だと僕は悟った。
針が振れすぎていると、逆転した時の反動が大きい。
僕には最低限の喜怒哀楽だけあればそれで十分なのだ。