「友達を選びなさい」
そう言って父は、何人かの友達を連れて来てくれた。
今までずっと一人だったから、友達ができたことはとても嬉しかった。
同じ人の手で造り出されたものだから、正しくは兄弟かもしれないけれど。