将来はたくさんの美女に囲まれて暮らしたいと、確かに僕は願った。
それがこうして実現しているのは喜ばしいことだ。
でも美女だったら誰でも良いと思っていたわけじゃない。
もう少し僕の言うことを聞いてくれる人がいても良かったように思う。