今まで持ち前の閃きでいくつもの窮地を乗り越えて来た。
しかしそんな僕の頭も、今は過去の思い出が走馬灯のように蘇るだけ。
このピンチを脱する方法を思いつく気配が全くない。
さすがにこの状況じゃ助からないと、僕の頭脳が判断したのだろうか。