私が何かしらのプロジェクトを上げると、いつも批判の声ばかりが上がる。
規模が大きすぎるだの、国家レベルのプロジェクトだの。
でも私はそんな批判に耳を貸したことはない。
国家レベルって言ったって、国がやってくれないのなら私たちがやるしかないのだ。