かつてこんなに引き分けた勝負があっただろうか。
互角だってのは初めて戦った時から分かっていたけど、まさかこれほどとは。
ここまで来ると、勝つのも負けるのも怖くなってしまう。
向こうもそう思っているから、引き分けが続くのかもしれない。