いずれ消えることは分かっていた。
それでも僕は一生懸命に飛ばし続けた。
まるでそれが使命であるかのように。
彼らは屋根に到達することなく弾けて消えて行った。