とにかく力で一番を決めようという熱気が場を支配していた。
頭の良さとか人徳とかそんなの関係なく、暴力で最強を決めようというわけだ。
一人反対だった私は、ふざけるなと片っ端から全員を殴り倒して黙らせた。
翌日から私はこの街のボスとして牛耳ることになった。