不安定だからこそ、安定を求めて他人と交わる。
安定しているなら他人の助けなんて必要ないのだ。
僕たちはいつでもそうやって、不完全を埋め合っている。
不安定なままでは存在し続けられないから。