風のざわめきと波のさざめき。
木々の歌声と木漏れ日のシャワー。
全てが懐かしい若き日の思い出。
鉄の鎖だけでなく、今の私は追憶にも縛られている。