この戦いが始まった時からずっと作り続けていた。
最終的にこれが必要になると分かっていたから。
そして予想通り、完成と同時に必要な瞬間がやってきた。
僕は精魂込めて作った白旗を大きく振った。