惚れた一人のためだけに彼は作品を作っている。
結果的にその作品は世界中の人を魅了している。
たった一人だけいれば十分なのだろう。
その人を思うだけで良い作品は生まれるということだ。