この世界は、本当に強く願ったことだけが実現する。
だからこの結末も、みんなが心のどこかで願っていたことなのだ。
どんなに死にたくないと叫んでいても、それは表面上の話。
避けられない滅びの運命を、誰もが心の奥底では受け入れていたのだ。