自分でゲームのルールを考えるのは楽しい。
しかしそれを浸透させて実際に対戦してもらうのは難しい。
だから私は作家という道を選んだ。
自分の考えたゲームを自分の作ったキャラたちにプレイしてもらうために。