僕はこの家の中に今は誰もいないことを知っている。
そもそもここは僕の家なのだ。
なぜ僕の家に張り込むことになったのかはよく分からない。
でもそれを言い出しにくくて、すでに四日目が経過している。