命を助けたお礼にと、お城へ招待された。
今まで見たことない贅沢な料理をたらふく食べさせてもらった。
でも正直なところ、高級すぎる料理は僕にとっては役不足みたいだ。
これならいつも通りカップラーメンでもすすっている方が幸せだ。