僕たちはよく過去の記憶を美化したり改ざんしたりする。
それは仕方のないことであり、必要なことでもあったのだ。
過去の記憶を一切劣化させずに済む装置を使ってみたけど。
こっちの方が過去に思いを馳せた時に楽しくなかった。