なぜか急に花火がやりたくなった。
しかしこんな季節外れじゃどこにも花火は売ってない。
そこで調べながら自分で作ってみたら、意外と良いものが作れた。
あの不意の思い立ちがなかったら、花火職人にはなっていなかっただろう。