ふとした瞬間に、これは美化された思い出だろうかと思うことがある。
それを実際に確かめるために、僕はよく過去にタイムスリップする。
事実が違っていたら美化した通りに思い出を書き換えることもある。
でもそうするとさらに思い出を美化したくなって、際限がなくなってしまう。