これが実用されるのはずっと未来になるだろう。
理論は完成したが技術が追いついていない。
私が生きている間に完成されれば理想だがおそらくは無理だ。
どうせならもう少し未来に生まれたかった。