あいつは身近にあるものは何でも武器として扱う。
だからあいつと一緒にいるのは嫌なのだ。
あいつの近くにいると僕まで武器の一つになってしまう。
でも結果的にはそれが一番安全なのも分かっている。