街で一番の不良と噂の人がある女性を狙っていると聞いた。
それが僕の彼女だと知るのに時間はかからなかった。
でも僕は全くビビっていなかった。
僕自身は弱いけど、不良だろうが何だろうが、彼女に勝てる人なんているわけない。