センスがない分は技術でカバーすれば良いと思っていた。
実際、それである程度のレベルには達することができた。
でもある程度ではダメだったのだ。
自分が辿り着きたい領域は、そのさらに上にあったから。