この橋を渡ればもうこっちに戻ってくることはできない。
未練がないと言ったら嘘になる。
でも新しい一歩を踏み出すと決めたのだ。
これからの未来のために、今ここできっちりと、過去と決別するのだ。