「神に誓って嘘はついてない!」
「分かった。じゃあ今から神を連れてくるから誓ってもらおう」
そう言って彼が連れてきたのは、およそ神とは思えない変な人だった。
本当に神様だったのかもしれないが、結局僕は誓えなかった。