好きになるのにいちいち理由なんていらない。
そして私は好きなものが壊れて行くところを見るのが大好きなのだ。
だから私は好きな人を壊すのにも理由なんて求めない。
キレイなものがキレイなままでは愛せないから。