風を切って走るなんて表現があるけれど。
僕は手刀で本当に風を切ることができる。
でもそれを言っても誰も信じてくれない。
実際に風を切っても目には見えないから。