彼は鍵開けのプロで、自分に開けられない鍵はないと豪語していた。
ならば試しにと私の金庫を開けて中身を取り出してみろと挑発してみた。
彼がもう少し冷静になれていればすぐに鍵がダミーだと気づけただろう。
実際には鍵でも何でもないから当然開けられることはなかった。