好みでないものを食べた時、美味しいものを食べて舌を上書きすることがある。
でも失言をした後に上手いことを言っても上書きはできない。
そっちも口直しができれば良いのになと思うことが多々ある。
料理の選択よりも言葉の選択をミスることの方が圧倒的に多いから。