この戦いを止められるのはもう彼女しかいない。
そもそもこの争いが始まったのも彼女を巡ってのことだった。
だから彼女の口から僕と結婚することになったと言えば鎮まるだろう。
まあ、もしかしたら今度は僕が彼らから命を狙われるかもしれないが。