僕は自分に合う鍵穴をずっと探し求めている。
今までいくつもの鍵穴に鍵を差し込んできたけど、どれも合わなかった。
でもいずれ必ず巡り会えると信じて、今日も僕は鍵穴を求める。
かちゃりとはまって、僕だけが扉を開くことのできる鍵穴を。