友人が急に狐に取り憑かれたと言い出した。
何となくそれらしい振る舞いはしたが、わざとらしかった。
注目を浴びようとして適当な演技をしているのかもしれない。
もしそうなら彼は狐というよりも狸だ。