太陽みたいに燦々と輝けなくたって構わない。
遠くの方にうっすらと光っている淡い星くらいで良い。
誰にも注目はされないけれど光り輝ければ十分に栄光になる。
それだけでも私にとっては光栄なことなのだ。