半分寝て半分起きるという技をやっとの思いで身につけた。
これをやると夢と現実の境が曖昧になる。
現実が極めて強く夢に影響し、目の前で起こっていることが夢に現れる。
現実に夢の支離滅裂さがミックスされて、仮想現実よりもある意味楽しい。