かつては誰もが彼の言葉に耳を傾けたものだ。
でも今は誰一人として彼の言葉を聞こうとはしない。
信用を失ったのではなく、彼は人としての価値を失ったのだ。
彼の言葉は信用できないのではなく、単に聞くに値しないという、ただそれだけ。