クラスのみんなは先天的に魔法が使える者ばかり。
それができない私はまず魔力の扱い方から覚えなければならなかった。
でも、だからこそ私は誰よりも魔法に精通できたのかもしれない。
誰もが当たり前にできることを理論的に説明できるのは私だけだった。