高級料理と聞いていたから凄く期待していた。
でも料理自体が高級なのではなく、高貴な方が作った料理というだけだった。
正直あまり箸が進まなく、腹二分目くらいで帰る羽目になった。
帰り道に立ち寄った安っぽい店の安っぽいラーメンがいつもより美味しく感じた。