会話から生まれる新しい発想は思いのほか多い。
ただ、何かが生まれても会話を遮ってメモを取るわけにはいかない。
残念ながら会話が終わる頃にはすっかり忘れてしまっている。
誰かと話す時は常にレコーダーを起動させといた方が良いかもしれない。