「私を一人にしないで……」とはっきり聞こえた。
でも振り返ったらダメだ。
彼女の期待のこもった眼差しを見てしまったらもう逃げられない。
僕は聞こえないフリをしてそのまま立ち去った。